不動産会社に関する基礎知識【選び方のポイントを知ろう】

不動産会社を選ぶなら張り紙や対応をチェックしよう

販売代理業者と仲介業者の違い

販売代理業者

デベロッパーに一任されて、販売業務を代行する会社です。おもに一戸建てや分譲マンションの契約に関わります。メインの窓口となるので、物件情報だけでなく周辺の情報などについても聞くことができます。

仲介業者

販売活動を行い、契約がスムーズにいくように買主と売主の意見を調整します。買主の希望にあう物件を探すこともあります。仲介業者を利用する場合、買主・売主ともに仲介手数料を支払わなくてはいけません。

不動産会社に関する基礎知識【選び方のポイントを知ろう】

家と女性

仲介業者の態度が悪い時は

新築ではなく中古マンションを購入するのであれば、担当者の質はあまり気にする必要はありません。仲介業者にすぎないので、契約進行に差し支えなければそのままでもいいでしょう。あまりにも態度が悪いようなら担当者の変更をお願いするといいですね。

不動産会社の選び方

電話や訪問時の対応が元気な声で行われる会社は、接客研修にも力を入れているいい会社である可能性が高いです。また、口コミなどを参考にすると実際の声を聞くことができていいですね。同じ物件情報の張り紙がずっとあるようなら、営業力がなかったり、いい物件でない可能性があるので避けた方がいいでしょう。

複数の不動産業者に依頼してもいい

物件に関する情報は不動産会社がたくさん持っていますし、入手スピードも速いでしょう。黒瀬にはたくさん不動産会社があるので、物件を探すときには、いくつかの物件を周り情報集めをしていくといいですね。その中から、依頼する会社を選ぶといいでしょう。

広告募集中